胆のうがんの治療について|胆のうがんや癌の遺伝子治療についての情報を載せています

知識をつけよう

がんについての知識は、つけておいて損はありません。予防習慣や治療方法についてきちんと予習しておきましょう。ここでは特に胆のうがんについての情報をピックアップしています。

癌の予防習慣ベスト3

no.1

バランスの良い食生活

癌を予防する際に最も大事な生活習慣がバランスの良い食生活を心がけることです。癌に限らず、偏った食生活はほとんどの病気に大きく影響します。例えば脂肪分をとりすぎると胆のうがんになりやすくなります。少しでもがんのリスクを減らすために健康的な食生活を意識しましょう。

no.2

運動する習慣をつける

適度な運動は身体の健康にとても大切な要素です。人間は運動をしなくなると身体の機能や免疫力が落ち、がんを引き起こしやすくなります。定期的に運動をすることで身体を丈夫にし、汗を流すようにしましょう。

no.3

定期的に検診を受ける

日常生活を健康的に過ごしていても、歳をとって身体の機能が落ちたりすると、がんは発症する可能性があります。定期的ながん検診を心がけると、万が一がんにかかった場合でも早期発見につながり、早めの治療と完治を実現することができます。

胆のうがんの治療について

白衣の人

がんの進行状況によって変わる治療方法

胆のうがんの治療方法はがんの進行状況とその状態によって変わります。早い段階でがんを見つけることができると切除が可能で、そのまま摘出手術を行なうことができます。しかし、状況が深刻だと、切除不可能な状態になり、化学療法や放射線治療を行なう必要があります。

生存率について

胆のうがんの生存率も進行と病期(ステージ)によって変わります。病期がⅠ期の頃の5年の生存率は約60%ですが、病期がII期だと約30%以下になります。病期が最も深刻なIV期になると生存率は約3%にまで落ちてしまいます。早めの治療がどれほど重要かが分かります。

治療方法は自分に合うものを

胆のうがんの治療方法には、いくつかありますが、その治療方法は自分に合ったものを選ぶことが大切です。まずは、担当医によく相談し、自分のライフスタイルや考えもまとめましょう。また、担当医師だけではなく、支援センターやインターネットでのがん体験者の体験談を調べることも1つの手です。自分でしっかりと考え、納得した治療法を選ぶようにしましょう。

がん診療の流れ

身体の不調から病院で診察をすると、がんだと診断されることがあります。がんと診断されると、その後は精密な検査が行われ治療方法を決定します。実際に治療方法を決めると治療が始まり、治療が終わると経過観察へと移ります。これが一連のがん診療の流れになります。経過観察では、再発の確認や体調の悪化がないかを調べるために通院や検査を繰り返し行ないます。