癌の遺伝子治療とは|胆のうがんや癌の遺伝子治療についての情報を載せています

基礎知識を学ぼう

数あるがんの治療方法の中でも比較的新しく、近年世界中で広まってきているがん遺伝子治療についての基礎知識を学んでおきましょう。

がん遺伝子治療の特徴

治療の負担が少ない

癌の遺伝子治療の特徴の1つに、治療の負担が少ないことが挙げられます。メインの治療となるのが局部への点滴です。2時間以内には点滴を終えることができ、入院をする必要がありません。

副作用が少ない

遺伝治療の2つめの特徴は、副作用が少ないということが挙げられます。がんの治療ときくと効果の割に激しい副作用を引き起こすイメージが強く持たれていますが、遺伝子治療の場合は、正常細胞へ害を与えることがないので副作用が少ないことで有名です。

他の治療と併用できる

癌の遺伝子治療は他の治療方法とも併用することができます。代表的な治療方法として、放射線治療や化学療法が挙げられますが、これらの治療方法を併用すると効果がさらに高くなる傾向にあります。

範囲が広い

限られたいくつかの癌ではなく、ほとんどの癌でこの治療方法は効果を発揮します。また、年齢によって制限がある治療方法とは違い、どの年齢でも使用することができるので非常に適応範囲が広い治療方法といえます。

癌の遺伝子治療とは

ナース

遺伝子治療の利点

癌の元々の原因は遺伝子の異常によるものです。癌の遺伝子治療では、この遺伝子異常を抑制し減らすことで癌を治します。癌遺伝子治療は、繰り返し治療を行なうことで身体に耐性がつき治療が効かなくなることがありません。また、免疫力が低くなっている場合でも治療することができます。

世界でも普及している

この癌の遺伝子治療は1990年にアメリカで初めて施術が行われ、今では世界中に広がっている治療方法です。元々は癌の治療用のためではありませんでしたが、遺伝子の異常が影響する癌には、この遺伝子治療が効果的です。今では遺伝子治療の半数以上が癌の治療に使われています。

癌の原因とがん抑制遺伝子

そもそも、日常生活で癌の原因になるものは多くあります。例えば放射線や紫外線、化学物質などです。これらが人間の細胞にダメージを与えることにより癌を引き起こします。しかし、元々人間の身体の中には癌を防止する「がん抑制遺伝子」というものが備わっており、このがん抑制遺伝子のおかげで、日々の癌の原因から身を守っているのです。

がん抑制遺伝子と癌遺伝子治療

身体から癌を防ぐがん抑制遺伝子ですが、身体へのダメージが大きくなりすぎてこのがん抑制遺伝子が壊されてしまうとがん細胞が出てきます。癌の遺伝子治療では、簡単に言うと、この壊れたがん抑制遺伝子を元の状態に治す治療方法です。