こちらの記事もチェック

白衣の人

胆のうがんの治療について

知っておいて損はない胆のうがんの治療や生存率、診療の流れを解説しています。他にもがんを防ぐために日頃から意識しておきたい習慣についてもランキング形式でのせています。

READ MORE
ナース

癌の遺伝子治療とは

がん抑制遺伝子の異常を治すことが目的の、癌遺伝子治療は、治療の負担が少なかったり副作用が少なかったりなどの4つの特徴があります。それらの特徴や歴史、癌遺伝子治療の仕組みをチェックしてみましょう。

READ MORE
患者

癌の遺伝子治療の注意点

癌遺伝子治療は、400人に1人の割合でアレルギー反応が起こるといわれています。また、保険適用外の治療費用も確認しておくことが重要です。このページで詳しく見てみましょう。

READ MORE

[PR]

胆のうがんの治療方法
積極的に治療をしてくれるので、希望がでる

胆のうがんとは

男女

胆のうと胆のうがんについて

胆のうとは、肝臓の下部にある臓器で袋のような形をしており肝臓で作られた消化液を一時的に貯める役割があります。身体に異常があると、その胆のうや胆のうを繋げている胆のう管に悪性腫瘍ができてしまうことがあります。これを胆のうがんといい、脂肪分の多い食生活が原因で発症するケースが多い傾向にあります。

症状

初期の段階で症状が出始めて早期発見ができれば楽なのですが、胆のうがんは、初期段階で自覚症状を感じることはありません。そのため、ほとんどの方が状態が悪化してがんの存在に気づくことになります。胆のうがんの症状で代表的なものが、みぞおちあたりに感じる腹痛や嘔吐、黄疸などです。

普段から気をつける

食生活を気をつけるのはもちろんですが、早期発見が難しい胆のうがんを予防するためにも、定期的な健康診断や人間ドックは大切な要素になります。